スイッチ

縁の下の力持ち!製造ラインになくてはならない存在となった離型剤

離型剤とは?特徴や使い方について

まずはじめに、離型剤とは何でしょうか。
離型剤とは、製品を型から取り外しやすくする薬剤のことです。パン、コンクリート、鋳物などの材料を型にはめて製品を作る時に、型から製品をスムーズに取り出す為に使用されます。金型の内側に塗ることで、材料と型が付着するのを防ぐことができます。粘着性が高い材料、細密な型などを使用する際に使われます。
離型剤の種類は、オイル.シリコーン系、ワックス系、界面活性剤系、フッ素系が主要な4つになります。
離型剤には、フッ素コーティング剤がおすすめと言われています。その理由としては、フッ素コーティングの持つ優れた特性として、すべり性と呼ばれるものがあります。
そして、非粘着性であるという特性が、離型剤の役割として非常に効果があります。更に、フッ素コーティング剤を主成分としている離型剤は、撥油効果で金型に汚れが付くのを防止してくれます。ですから金型の洗浄などの手入れが楽になるということも、非常にメリットがあります。
フッ素系はくっつきにくいので、シリコン系やワックス系のものと比べると、非常に薄い皮膜の層で効果を発揮することができます。
オイル.シリコーン系、界面活性剤系は安いというメリットはありますが、効果でいえばフッ素系が一番でしょう。

専門メーカーで離型剤を購入する理由とは?

離型剤(フッ素コート)は、金型に流し込んだ材料をキレイに取り外すためになくてはならないアイテムです。
離型剤にも様々な種類がありますが、その中でもフッ素コーティング系の離型剤がおすすめであり、性能やコストパフォーマンス的にも有用なものになります。
工業製品を生産するのなら、製品のクオリティを高めたり、時間を短縮するためにも離型剤選びが重要になります。そんな離型剤選びで悩んでいるときにチェックしておきたいのが、フッ素コーティングについて専門的な知識を持っているフッ素コート剤専門メーカーです。
フッ素コート剤専門メーカーの離型剤を選ぶメリットの一つとして、生産する製品に合わせて最適な離型剤はどれかということを相談しやすいという点があります。
離型剤には様々な種類があり、それぞれ成分の配合によって特徴が異なります。
そのため生産する製品に合わせて最適な離型剤を選ぶためには、フッ素コーティングについて専門的な知識と経験が必要になります。
フッ素コート剤専門メーカーであれば、当然フッ素コーティングについて十分な知識と経験を持っていますので、製品に最も最適な離型剤を提案してもらえます。
そのため離型剤を購入するなら、フッ素コート剤専門メーカーに相談するのがおすすめです。

フッ素コート剤専門メーカーに離型剤について相談して購入しよう

離型剤にはいくつか異なるタイプの製品があります。現場でよく使われる代表的な離型剤としては、ワックスが主成分のワックス系と、フッ素コーティング剤を用いたフッ素系があります。これからどちらの製品を使うか検討中であれば、とりあえずフッ素系の離型剤について、フッ素コート剤専門メーカーに相談してみることをおすすめします。
それは、フッ素系の離型剤は、離型目的で使用できる製品の幅が非常に広いためです。もし、自社で製造しているシリコン製品やゴム製品が、薄型、小型、あるいは精密で複雑な形状の製品の場合、離型剤として使えるものは、事実上、フッ素系の一択になるでしょう。大ぶりな製品、厚みのある製品で、それほどハイレベルの離型効果がなくても、成形プロセスに支障がでないようであれば、他の成分の離型剤でも十分に使えるはずです。しかし、フッ素系を買っておけば、そのような製品でも勿論問題なく離型できるため、1種類で幅広いタイプの製品に適用可能なフッ素系離型剤を購入する方が効率がいいと考えられます。
また、連続離型をルーチンとして行うことが想定される場合も、持続性に優れたフッ素系がおすすめです。詳細は、フッ素コート剤専門メーカーに確認して、じっくり検討してみましょう。


難しい離型剤のことはプロの【株式会社フロロテクノロジー】に相談しましょう!問題に応じて解決してくれる方法や製品を提案してくれるのでモノづくりの力強い味方になってくれますよ!

Contents

生産効率を上げられる現場で塗布可能な離型剤

シリコンやゴムの製品を製造していて、一日の作業で可能な限り多くの製品を作るにはどうしたらいいか、誰しもいいアイデアが欲しいところでしょう。実際、限られた時間でより多くの製品を作ることが出来れば、それだけ市場に出せる製品の数が増えますし、それが売れてくれれば、収益もどんどんアップしていきます。また、一日に沢山生産できるということは、ノルマ分の製造作業を早めに終えて、作業に従事するスタッフの方も、お休みを十分に取れるということです。一日に可能な限り多くの製造作業を片…

フッ素系離型剤の非粘着性のお陰でゴム製品も綺麗に型から剥がせる

マザーボード

モノづくりにおいては、物の形を作るために、主に二つの方法があります。一つは、組み立てて作ること、もう一つは、型抜きをして作ることです。前者の場合は、組み立てて作った形が壊れないように、接着剤など…

くわしく読む

プラスチック製品等の製造過程に欠かせない離型剤という薬剤

スプレー缶

製品を作るためには製品の素材や用途、製法に応じて、様々な道具が使われます。道具の一つに薬剤があり、例えばゴムやプラスチックの製品を作る場合は、離型剤と呼ばれる特殊な薬剤が必要です。離型剤…

くわしく読む

作業中断時間を最小限に抑えられる刷毛・スプレーで塗布可能な離型剤

ドラム缶

流れ作業は、フローを最初から最後まで回すのに必要なものが完全に揃っていれば、非常に効率よく仕事を進めることができます。プラスチック等の製品作りの現場も、基本的には流れ作業で進んでいきます。必要な…

くわしく読む
TOP